脂肪燃焼食材 ステーキ大好物さんに朗報


▮ステーキは脂肪燃焼効果を助ける!



近年、牛肉より豚肉がいいとか、お肉よりお魚とか
私の食生活では肉類をなるべく避けてきました。

ところが、本日テレビ番組
「林修の今でしょ!講座 2時間SP」
「名医がススメる最強お肉は○だった・・・!」


▮牛肉のヒレ肉には、カルニチンという
脂肪燃焼の仕掛け人といわれる栄養素が豊富に含まれている! というのです。

番組共演者たちもみんなびっくりです。

ヒレ肉といえば柔らかくて美味しいところですものね。
勿論食べすぎはこれに限らず良くないことですが、
ステーキでも何でも一日200gまではOK!とのことでしたね。
カルニチンは、ミトコンドリアに運んで脂肪を燃やしてくれるそうですよー
ロイシンも含まれていて筋肉を増やす効果もあると・・・。
ロイシンといえば、必須アミノ酸の一つで、
筋肉を強化したり、ストレスを緩和してくれたりします。

ただこれは色んな食材に含まれているものなのでそれほど
意識しなくても摂れていると思います。
これを摂りすぎると、免疫が低下することもありますからご注意を!

お肉にはそれぞれカルニチンはあるそうですが、量が全然違うのだとか・・・。
鶏肉もあるけど、鶏肉の2倍が豚肉、そのまた2倍が牛肉だそうですね。
牛肉こそダイエットを助けるのです。
コラーゲンも牛肉が一番豊富らしいですね。

赤身のお肉には全て含まれているようです。


▮肌荒れに牛筋の煮込みが効果的!

私たち、コラーゲン!その言葉だけで、「ん、何?」って反応しませんか!
コラーゲンが欲しいな、欲しいな~ってこの頃私、思っていました。

たるみが気になるのですよね。
夏は、紫外線のわざわいでコラーゲンが破壊されるし、とても気になりますねー。
皮膚の土台を作っているのは、コラーゲンやエラスチンという弾力繊維ですから。
コラーゲンを食べてそのまま肌のコラーゲンが増えるかどうかは専門家の間でもまだ賛否があるところですが、
いずれにせよ、コラーゲンを身体に入れれば、
自力でコラーゲン産生の活力には十分なる筈ですから。

牛筋には、エラスチンも含まれていて、
ヒアルロン酸も入っていて、3成分がセットで入っている!

なんて聞いたら、食べずにいられませんよねー
ネギのビタミンCもコラーゲンの吸収を助けます。

牛肉には、優れた栄養素がたくさんあるようです。
ダイエットに是非必要な食材と分かれば大手を振って食べられますよね~

でもここで気をつけなければいけないと思うことは、
食べるだけで痩せる訳ではないということです。
どんな食材も食べたら運動もしてエネルギーを燃やす時に効率よく
燃やせる!ということです。

食べるだけで運動をしなければ

それほどの効果は感じないと思います。
人間、じ~っとしていてはダメなのです!!!

野菜もいっぱい食べてバランス良く
摂らないといけませんね。
ブロッコリーとか、緑黄色野菜を一緒に食べると特にいいそうです。


緑黄色野菜はβーカロチンが豊富に含まれていますからね。



▮高血圧に、サーロインがいい!


背中やアバラの柔らかい部分で、美味しいですよね。

タウリンとか、オレイン酸が豊富で血管をしなやかにして血圧を下げる効果があるようです。

サーロインの脂のところにオレイン酸がたっぷり含まれているそうです。


▮夏風邪にも、牛肉はいい!


予防にも引いた後にもいいっておっしゃってましたね。
夏の身体は、エネルギーが不足するのだと・・・。


▮「コレステロールと食事は関係なし!」と


 2015年厚生省が日本人の食事摂取基準で発表したことが明らかになりました。これまでの因果関係に科学的根拠がないということだそうです。

卵やイクラなど制限していた方もきっと多いですよね。
私もそうでしたから…。
もう解禁ですね!!!
牛肉こそダイエットを助けるのですね!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。