40代~冷えは改善できる! 硬い足首の筋肉を動かす


40代からの冷えは足の筋肉にあり! たった10分足首をひねり





【もくじ】


▮足の筋肉をゆるめてこそ、温まる実践!
▮足首から下の骨を動かすと、じわ~っと温まる実践!


▮リンパが正常に機能すればボディラインが戻る!
▮筋肉はポンプ作用があってこそ、循環できる
▮ たった10分筋肉をゆらし



▮足の筋肉をゆるめてこそ、温まる実践!


私たちの身体には、動きにくくなっている筋肉があります。
日頃の姿勢や歩き方、からだのクセなどによってうまく機能しなくなっている筋肉があるのです。うまく機能しなくなった筋肉は硬く、固まった状態です。この筋肉を柔らかくすれば温まります。



動きずらいため、うまく使えなくなり、よけい硬くなるという悪循環に陥ってしまうのです。冷えの改善には、筋肉を正常に使えるようにすることが大切です。


固まった筋肉を正常に動くよう回復させるために一番必要なことは、筋肉の力を抜き、リラックスさせることが大切です。よけいな力が抜けた筋肉は動きがよくなります。そこは血流も滞っていたので筋肉の柔らかさが戻れば血流もよくなります。




❖足の筋肉、力の抜き方(脱力)


➀足首を左右にゆらゆらとゆらします。【20回】
リンパの流れを助けます。
これはスキマ時間にいつでもできる方法なので積極的に動かしましょう。







②第2の心臓といわれるふくらはぎのポンプ機能を高めます【20回】
リンパの流れもスムーズになるので、むくみのないスラッとした美脚になります。

ふくらはぎを軽く、床にトントンと小刻みにたたくような感じで動かす。足首から太ももまでリラックスできます。







③両手で膝をもち、足全体を左右にゆらす【20回】
左右の揺れを感じていきます。
筋肉をゆらすと筋肉の内側でまさつが起きて、滞っていた血液が流れやすくなります。するとリンパも同時に流れるようになり、老廃物が運ばれます。硬くなっていた筋肉は柔らかさを取り戻します。








▮足首から下の骨を動かすと、じわ~っと温まる実践!


➀足の指を思いっきり開く【各5回】
手の親指と人差し指を使い、足指を横に、前後に開きます。





②足の甲の中足骨を上下に動かします【各5回】
足の甲に走っている骨を、甲から指先に向かって両手の親指で押します。






③中足骨を(ふまず部)を外側に、内側にひねる【左右5回ずつ】
片方の手で親指の下の部位(外反母趾の位置)を持ち、もう一方の手でかかとを持ちひねります。






④足の指先をゆるめる【左右5回づつ】
足の5本指に手の指5本をはさみ、足首を外側・内側へとまわす。
この時、反対の手で足首をしっかり持つことが大切です。



これで足が温かくなり、ポカポカしてきます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。