若々しさは、バストの高さで決まります!


▮リンパドレナージュと、バスト周辺肉の移動で高さが変わる!






▮バストは、気がついた時からスタートすれば形が変わる!


バストアップは、気がついた時から、ケアすればバストトップが高くなります。

デコルテ、バストの上から首、肩の周辺のケアは、案外忘れていることも多いように思いますが如何でしょうか。

胸周りが露出するファッションを着る時以外は、あまり意識しないかも知れませんね~。バストのいい状態を維持するためには、一年を通じてケアをすることが大切なのです。

ファッションを美しく見せるには、デコルテはとても大切です。
デコルテのケアを怠ると、バストも早々と下垂してきます。
特に、40代の女性ホルモンが減少する時期からは、否応なくバストの下垂を顕著に感じるようになります。


▮バスト上で持ち上げている首・デコルテラインの状況


❖先ず、デコルテラインのチェック
✤下記のポイントを確認しておきましょう

❶鎖骨がちゃんと見える
❷首と肩、肩と腕が直角
❸胸鎖乳突筋がちゃんと浮く



デコルテが美しいと、ファッションの映え方が全く違ってきます。
胸元にするネックレスの映え方にも、ぐっと差がつきます。
照明の下で顔を合わすフォーマルな場では、印象がかなり変わります。

簡単なケアをするだけで、自信を持てるようになります。
首とデコルテがしっかりしていると、それに支えられているバストは下垂しにくくなります。

バストトップの位置が高いと体全体の重心が上がるので、とてもスレンダーな印象になります。



▮自分でできる、リンパドレナージュ


❖リンパって何?


私たちの体には、「リンパ管」という管が全身に張り巡らされています。
このリンパ液は、血液からこしだされた体液のことです。

要所要所に、リンパ節というろ過フィルターにかけられながら、鎖骨付近で静脈へ合流します。

そして最終的には、細胞から出た老廃物や余分な水分などを汗や尿として排出されます。

リンパとは、体内の毒素や不要なものを運びだす浄化装置のようなものです。
リンパの流れをよくすることで、病気にならないよう免疫機能としての役割も果たしています。



❖滞りやすい、リンパの機能


血液は、心臓というポンプがあり、素早く動いていますが、リンパは筋肉の動きや動脈の拍動によって流れます。

血液は約1分間で全身を循環しますが、リンパが流れるスピードは、1分間に数10㎝程度です。

血液とリンパが流れるスピードの違いは歴然です。他力本願で動いているリンパは、流れが滞りやすいのです。




❖動かさなければ、ドロドロリンパに!


運動不足や、ストレス、冷え症などの現代女性が抱える問題は、血行を悪くするものばかりです。
血液の流れが悪ければ、リンパも当然流れが弱まり、滞ってしまいます。

水分は動きが悪くなると、分子同士が結合します。

結合すれば大きな分子となり、老廃物や毒素を抱え込みやすくなります。
その結果、リンパはドロドロ状態になってしまうのです。


ドロドロしたリンパは、リンパ管に入れなくなり、細胞の間に滞留したままになります。汚れた水分が滞留したまま蓄積されるので、体がむくんだり、冷えたりします。



リンパは加齢とともに、流れが悪くなります。
放置すれば、ドロドロ状態が進み、美しさどころか、体のあちこちで具合が悪くなる要因にもなります。内側から健康が崩れ去ってしまうのです。



リンパは常に意識して流すことが大切なのです。
リンパドレナージュは、外から刺激を与えてドロドロした分子を分断しながら、外から負荷を与えます。

リンパを毎日押し出してさえあげれば、滞ることもなく自然とサラサラのリンパになり動くようになります。





▮リンパドレナージュの実践


❖首のドレナージュ


❶「ウ」という口で唇を突き出し、頭を後ろへ倒して首前面を伸ばします。
そのまま、両手を交互に上から下へさすります。手を密着させて。【各10回づつ】

唇を突き出すことで、筋肉が伸びてより効果的にリンパを流せます。
首にたまった余分な老廃物を鎖骨へ流しこみます。





➋両手で首をはさみ、鎖骨へ流しこむようになでおろす (各5回づつ)
首を細くするにも役立ちます。





❸耳の後ろから背中の下に向かって、なでおろします。





❖鎖骨のドレナージュ (左右5回づつ)


鎖骨の下に沿って、手を腋の下に滞っているリンパを、流しこむようになでる






❖バストアップのドレナージュ


❶首・鎖骨のリンパを腋に流す

1.鎖骨の下に手を横に置き、腋は床と水平になるように。

2.「イー」という口の形にしたら、手を水平に外側へ引きます。
 そのままリンパを腋まで流します。




➋クリームを使い、バスト脇の肉を移動
腋を前から上に上げて、反対側の手で、バスト脇から胸の中心に向って肉を引き寄せる。

この時できる限り、背中の方から肉を持ってくる。

ここはかなり力を入れてかき寄せます。(エステサロンなどでは、悲鳴を上げるくらいエステティシャンが引き寄せてバストアップ施術を行うところです)





❸アンダーバストから中心に、肉を移動
アンダーバストに沿って、バストをぐぃっと持ち上げるようにしながら、バスト中心に肉を寄せていきます。




リンパが滞っている状況では、マッサージをしても効果を出せません。

首、デコルテ周辺、鎖骨のリンパを流すことができれば老廃物の排出が行われて、効率の良いマッサージ効果が現れます。

バストが老化する要因は、乳腺を発達させる女性ホルモンのアンバランス、肥満による垂れ下がり、肩こりなどによる循環の悪さ、姿勢の悪さなどが影響しています。

首やデコルテはケアの差が出やすいところです。

リンパを正常に流れるようにして、移動してしまった肉を、昔あった場所へ戻してあげれば、バストのボリュームもちゃんと出てきます。

バストトップの位置がぐっと高くなります。




❖バストケアはボディケアより大切!


ボディのケアは大切ですが、女性にとって、バストのケアはそれ以上に大切なことですね。
ボルフィリン配合の、塗るだけで、弾力が出ると言って話題にもなっていますね。プエラリアより実感するという方もいます。今、注目の成分、バストクリームです。



❖ボムバストクリーム リッチ 公式サイト下





公式サイトは上です。⇑



この下は、ボムバストクリーム リッチ購入のプレゼントのご紹介です。とても良いのでお知らせしておきます。⇓





▮女性の象徴である「バスト」はこうして下垂した


❖生活習慣をチェック


バストを下垂させる原因を、日頃の習慣から探ってみましょう。
気がつかない内に、下垂する原因を作っていたかも知れません。

❶ 睡眠には、高めの枕を使っていた
❷ 運動をしなくなった
❸ ブラジャーは数年同じサイズをつけている
❹ 最近、姿勢が悪くなっている
❺ 歩く姿勢が下向きになっている


枕は低めの方が首に負担がかかりません。ブラジャーサイズは時々確認することが大切ですよね。歩く姿勢も意識しましょう。

運動しないとリンパはますます滞ってしまいます。思い当たったら、今日から改善していきましょう。どれも、心がけ次第でできることですね。



❖バスト、具体的な悩み


1位:小さい
2位:下がっている
3位:ハリがない
4位:左右の大きさに差がある
5位:離れている
6位:デコルテが痩せている
7位:大きすぎる


バストは、乳腺、脂肪、靭帯、筋肉で構成されていますが、中でも脂肪を占める割合が大きいです。

リンパドレナージュでは、その肉(脂肪)を移動し、バスト中心に寄せていきます。脂肪なので移動するのです。

デコルテが痩せてきたり、リンパが滞ってしまうと下垂しやすくなります。

リンパを正常に流して、クリームを使ったマッサージで肉の移動を続けていると、バストトップの位置が違ってきます。是非、あなたも体験してみてください。


・アクアデオ40代デリケートゾーン神秘のマナー


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。