脱毛 サロン脱毛と家庭用脱毛器の違い 毛周期、料金 メリット


▮脱毛、サロン脱毛がいいか、自宅脱毛がいいか




▮サロン脱毛と家庭脱毛の比較


❖期間について



❑サロン脱毛は2年間かかることも
夏は脱毛をする方が多く、大手エステサロンや美容クリニックの予約どりも混み合うため、自分の都合の良い日時の予約どりが難しくなります。

しかし、脱毛は1回で完成するものではなく
毛周期に合わせて数回、施術をしてだんだん毛が目立たなくなり、
肌もキレイにツルスベ状態になっていくものです。
サロン脱毛やクリニックの脱毛では、
2年以上かかることが多いです。



❖毛周期とは


毛周期に合わせて脱毛計画を立てていくことになりますが、人によって周期に差がでます。

毛周期とは・・・
❑ 成長期:毛母細胞が活発で毛が伸びている時期 (最も毛が成長している時期ということです。)

❑ 退行期:毛母細胞が停止状態の時期 (毛が抜け落ちる状態の時期です。)
     
❑ 休止期:毛と毛乳頭が離れている時期 (皮膚の中で毛が休んでいる状態の時期です。)
     


❖毛周期の差は
部位によっても周期の長さは、変わります。
その時の体調によっても、変わります。

毛が成長期の時期に脱毛すれば、効果もしっかりと実感できます。



❑家庭脱毛は1年間
最近は、家庭用脱毛器を買って自分で施術する人が増えています。
その理由は、サロンやクリニックでの脱毛より、早めに、繰り返し脱毛を行うことができます。


家庭用脱毛器の場合、安全重視のため、
出力がそれほど高くはないので、サロンやクリニックほどの間隔を空けなくても大丈夫です。
そのため、1年位でかなり安全にキレイになることがも能です。
ただやり過ぎると、皮膚を傷めたりしますので、そこは注意が必要ですね。



❖料金比較


サロンやクリニックの脱毛では、
全身脱毛で、最低40数万はかかります。

大手サロンや、信頼性の高いサロンになると100万以上かかるところもたくさんあります。

家庭用は、人気の機種でも約一台2万円位から5万円台、10万円程度ですからどれを選んだとしても、かなり安くて済みます。




▮家庭脱毛が増える理由


サロン、クリニックへ通うのは
費用が、かかり過ぎて続かない人も多いです。

例え、費用が大丈夫でも、忙しくなって予定通りの日程で
通うことが難しくなることもあります。

家庭用脱毛器を購入すれば、そんな問題がなく、
費用も1回のみの投資で済みます。

サロンやクリニック脱毛とは、
比べものにならないほどの安価です。
こんな理由から最近は家庭脱毛が人気ですねー。





ワキ毛や、腕毛、顔の産毛、VIOラインなら
家庭用脱毛器で十分ケアをすることができます。

サロンで恥ずかしい思いをしながら耐えて、施術を受けるのは大変ですが、
自宅で、自分で、できるので「あ、生えてきたな~」と思ったらいつでもできます。


❖VIOラインのケアについて




昔から「身体にある毛は、大事なところを守るために生えている」と言われてきたと思います。

ところが今、婦人科では
「毛があるから不潔になり、菌が付着し、繁殖する、VIOラインは毛を処理して常に清潔を保つことが大事」と言われるようになりました。

若い世代も、介護世代も同じことが言われます。
しかし、それを納得したとしても、サロンでその施術を受けるのは、抵抗がある方が多いのではないでしょうか?
VIOラインこそ、自宅で行ったらいいと思います。



❖レーザー脱毛の効果


レーザーでの脱毛ならメラニン色素の色に反応するのでサロンも家庭用でも、ほゞ同じような効果が得られるのです。脱毛できる箇所は同じです。



家庭用脱毛器でも、そんなに毛が濃いタイプでなければ、
全身脱毛でも、1年位で毛が生えなくなる方も多いようですよー。
ただ、本当に薄くて細い、よ~く見ないと分からないほどのウブ毛まで脱毛するのは難しいかも知れませんね。


「生えてくる毛が目立たなくなった!」
「ほとんど生えなくなってきた!」
という声はよく聞きます。
まぁ、この辺りは個人差があると思いますが。




▮永久脱毛について


❖永久脱毛は医師のみ


永久脱毛をできるのは医療機関の医師のみです。
でも一切生えないということではなく、
再生率が15%~20%くらいはあるようです。
永久というより、減毛といった方が正しいかも知れません。


脱毛がこれだけ普及していますが、
医療用レーザー脱毛が進化してまだ20年ほどです。
そのため、永久脱毛といえるかどうかのデーターそのものが追いついていないという現状です。

永久脱毛ができるのが、
絶緑針脱毛という電気針を使った毛穴にさす脱毛だけですが、
医師により技術の差がかなり違ってくることと、
費用が高額で時間もかかるため、
現在、絶緑針脱毛を行っているところは少ないようです。



❖昔、永久脱毛といえばニードル脱毛


10前までは、永久脱毛といえばニードル脱毛(針脱毛)でした。
ニードル脱毛とは、毛穴に電気針を刺して、微弱な電流を流すことで毛乳頭を破壊し、脱毛するというものです。

近年はレーザー脱毛や光脱毛普及に伴い、あまり利用されなくなりました。



サロンやクリニックで脱毛するのは安心でいいと思いますが、
時間や費用面、精神面などを考えて、
そろそろ自分で、思い通りの脱毛をしてみるのもいいかも知れませんね。
参考になれば幸いです。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。