口紅、何年も同じ色使いは古びた女に、新しい自分発見できるのに!


現在の自分に合わせた口紅に変えませんか?




唇の肉質・ふっくら感に変化が



特に口紅は、色・内容とも、年齢とともに変えた方がいいですね。

若い時より、唇の乾燥度も増してきていると思いますし、ふっくら感も違ってきている筈!
昔、ふっくらした唇につけていた口紅は、今はもう似合っていないかも知れません。

顔の雰囲気も変わっていますよねー?

あご周りが重くなっていたり、唇の色素がくすんできたりして。

変化は、誰でも同じように起こりますから。


何年も同じ色使いは“古びた女〟に


顔は、毎年変わっていくのに、スキンケアもメイク商品も何年も変わらず、同じものを使い続けるッて、それはよくないですよね。

化粧品の進化は、近年凄まじいものがありますし、色には流行があります。

歳をとって顔が変わったら、肌質も変わっていきますし、変わった肌質に対応したスキンケアが必要です。

昔のまんま、化粧品を変えていないということは、「古びたおんな」になっているかも知れません。

アテニア プライムルージュ



口紅の色 “ハッと思わせる赤〟”上品さを与えるベージュ〟


赤い口紅の魅力



赤の口紅、使ったことありますか?

一度、使ってみてください。

きっと“ハッとするような別の自分を、発見すると思います。

赤というリップは不思議な色ですねー。

お洒落感が漂い、ドキッとするような華やかさが出ます。


似合う赤がある筈!


赤は目立ちすぎて、自分には合わないと思って、これまで敬遠してきたかもしれませんが、

少し、ピンク味を帯びていたり、少しオレンジ味を帯びていたりするものを選べば、

馴染みやすくて、今的な雰囲気が出せると思います。



オレンジ味、大人がオレンジそのものを塗るのは、日本人には結構むずかしい色です。

ピンクは、ほとんどの人が似合いますが、オレンジは中々むずかしいのです。

赤を似合うものにするには、赤を塗ってから、もし悪目立ちしてるって思うなら、塗り終わった後、輪郭を綿棒で軽くなぞってみてください。

このひと手間で、うんと馴染みやすくなります。

赤い色はここ一番に映える色です。


カッコイイ雰囲気のベージュ系


赤はお洒落をするとき、カジュアルにはベージュがお奨めですね。

ベージュはカッコよく装えるモードな色が多いです。

マットタイプは、唇が乾きやすいので、必ずグロスを使うようにしてくださいね。

ピンク系のベージュは、肌とのコントラストがとても良くて、しっくりくることが多いのです。

アテニア プライムルージュ



唇をキレイに見せる口紅のつけ方のコツ


唇をキレイに見せるには、上唇の山と口角までの輪郭をキレイに決めることです。


キレイな口紅の描き方ポイント














この一つひとつの工程が、美しい唇をつくりだします。
是非、トライして新しい発見をしてみてください。
きっと楽しくなると思います♬







コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。