口紅 40代の魅力ある色選びと、塗り方の基本


▮40代、口元の品格!肌映えする口紅選びと、塗り方





【もくじ】


▮口紅1本で女性は雰囲気が変わる!
▮ 40代以降の女性から質問が多い口紅の色選び
▮ 40代頃から口紅が肌映えしにくくなる理由

▮ 40代からベージュピンクが上品に映える3色
▮ 色素がくすんでいてもきれいに発色するアテニアの口紅ピュア発色センサー
▮ デパートでの口紅探し、難しさを体験!

▮ 40代から似合う口紅の基本色
▮ 口紅の質感は顔料と油分の配合で決まる
▮ 理想的なフォルムに近づける黄金バランス

▮ 40代美しい口紅の塗り方
▮ 40代の微笑みをつくる塗り方



▮口紅1本で女性は雰囲気が変わる!


最近、口紅を選びにくくなっていませんか?
40代頃から、唇の色素に変化がでるので、口紅を塗っても、これまでのように肌に映えないな~と感じることがあります。

口紅1本で、女性の顔は雰囲気がガラッと変わります。
何故、40代になると口紅の見え方が違ってくるのか、どんな口紅なら肌映えして魅力的な唇に見えるのかをお伝えしましょう。




▮メイク講座で質問が多い40代女性からの「口紅の色選び」


❖血色を意識した色が口紅の色


メイク講座で「この頃、似合う口紅の色が分からなくなった!」「私は、どんな色が似合いますか?」と質問してくる方は決まって40代以降の女性ですね。

お洋服にしろ、メイクにしろ、口紅にしろ、肌色から見た似合う色は確かにあります。

それはひと口で言えば、肌色を濁らせない、明るくイキイキ感を出せる色ということになります。

ただ、お洋服と違う点は、口紅は、血色を意識した赤みを帯びた色であるということです。

肌色から赤に至るまでのピンクやオレンジのグループなのです。

青や黄色を含んだ色はあっても、青、黄色という色は一般的なリップメイクではありません。




▮40代から、口紅の色が肌映えしにくくなる理由


❖体調が表れる唇の色


病院に行くと、「お化粧はしないでください」と言われた経験があると思いますが、入院中など体調を診るのに目の色や唇の色、爪の色からお医者様は診ますよね。

どれも身体の血液が関連しているところ、唇は正に血液の色が出ているパーツなのです。


❖唇の色素は血液の色そのものが透けて見える


皮膚は、表皮という外側の層がありますが、唇は表皮がとても薄く血管がそのまま透けて見えるパーツなのです。


若い頃は、身体の中の血液もきれいな赤い色ですが、年齢を重ねると血液の色もだんだん濁りが出てきますよね。


その理由は、血液の色であるヘモグロビンの量が減少するからです。ヘモグロビンが少なくなるということは、血液の赤い色が少なくなるということです。


赤い色が少ないと唇の色は青みが助長されますから、濁った赤い血液の色が紫みをおびた色になるのです。


若い頃のきれいなピンク色の唇とは違ってきます。ちょうど40歳辺りからの現象です。

これが、40代から口紅の色が肌映えしにくくなる理由です。


40代~の口紅の色選びは、こうゆうことを考えると白っぽい色より、中間のややくすんだ色、言い換えれば「あいまいな色」が似合います。その方が肌から浮くようなこともなく失敗ありません。



▮40代からベージュ系ピンクが上品に映える3色



口紅のピンクって女性にとって、永遠のあこがれの色と言われますが・・・

でも、40代以降の少しくすみかけた肌に、一体どんなピンクが似合うのか、ですが。

20代に使ったぱ~っと明るいピンクは無理ですが、かといって暗い色では、顔全体が暗く落ちつきすぎてしまいます。

明るいピンクに、ベージュを足したような色が、間違いなく肌に映えると思います。
暗すぎず、明るすぎず、落ち着きのあるベージュ系のピンクがおすすめです。

ここにご紹介する3色は、私も使っていて、とても使いやすいと感じているベージュピンクの口紅です。
アテニア プライムルージュ


№01 ザ・ピンク


華やかさがある色です。大人の可愛さや女らしさを感じる色です。明るめのお洋服を着た時につけると、顔全体がパッと明るくなり、可愛い印象になるピンクです。

この色は、アテニア愛用者のアンケートから「欲しいピンクの口紅はこんな色」として№1に上がった色、そして生まれた色だそうです。

30代~55歳くらいまでなら、顔全体に明るくて華やかに肌映えする色です。
肌色は、普通の白さ~色白の肌だと一層映える色です。

アテニア プライムルージュ




№02 クラシックピンク


この色は、何と言っても洗練されたピンクといった印象の色ですね。
少し、黄み寄りのピンクなので柔らかさがあります。

お洒落をしたい時にも、普段でもこの色をつけると、品の良いあか抜けた印象に!華やかですが、落ち着いたイメージがあります。

40代~60代まで映える色で、私もお気に入りの色なので、頻繁に使います。
肌色は、普通肌~多少くすみ肌でも、落ち着いた色なので、違和感なく肌映えします。

アテニア プライムルージュ




№03 ベビーピンク


コーラル系のナチュラルなピンクです。色として強く主張し過ぎない色です。
口元に「赤い色なんてつけたくない!」こうゆう方がいますよねー。

この色なら、”赤い〟という印象がないので、抵抗なくつけられると思います。ヌーディな透明感のあるメイクに見せるには、この色はピッタリです。

肌色は、30代の白い肌ならグッと透明感があふれる口元になります。

色黒の肌なら、唇を主張し過ぎない色なので、きっとお好みに合うと思います。ご自分の個性を出したい時、邪魔にならない色としておすすめです。

普段、口紅を使わない方なら、わずかに塗っておくと、自然なツヤ感だけを出せるので、顔全体が透明感のあるメイクに見えて、ちょっと個性的で素敵に見えます♬

この色は、40代までがおすすめです。

アテニア プライムルージュ




この3色は、色の出方が柔らかくて、透明感があります。明るくツヤツヤなので30代~60代までの肌に、浮くことも決してありません。

私も毎日この3色を代わる代わる使っていて、どんなお洋服の時にも使いやすい色だと感じています。

ツヤツヤなので、今まで使っていたグロスもいらなくなりました。ツヤツヤ、ぷるっぷるです。

公式サイトで色の確認をしてみてくださいね。
アテニア プライムルージュ








▮色素がくすんでいてもきれいに発色する、アテニアの口紅ピュア発色センサー


この口紅がくすまないのは、理由があります。
40代からくすみが出る唇の色素に対応して、口紅の色をキレイに発色させる「隠しピンク・ピュア発色センサー」という設計を施したプライムルージュの構造です。




ピュア発色センサーのピュアパウダーのはたらきが、どんな唇にも濁った色は拾わずに、きれいな色だけを拾い唇の表面に反映させます。



左の画像のようにくすんでいても、右の画像のように透明感が出て明るく反映します。



くすんだ唇でも、プライムルージュをつけると影が目立たなくなるため、一気にぱ~っと明るくなるのはこの構造のためですねー。


くすみやすい40代以降の唇には、大切な設計だと私は思いました。口元がくすむと疲れがモロに出ますものね。疲れは周りの人には感じさせたくないですからね。

>>どんな肌にもキマる「アテニア プライムルージュ」



❖唇が乾燥して縦ジワができることもありますが、プライムルージュには、フイルム化コラーゲンといってコラーゲンをフイルム化に合成した物が配合されています。

唇のふっくら感やハリ感を助ける処方もされています。コラーゲンは日々研究が進んでいますね。


このリップを私は3色とも愛用していますが、どんなに疲れても唇だけはにごらないし、くすまないのです

口紅が常にきれいだと、その周りの肌も肌映えして見えることを私は気がつきました。顔全体がイキイキ見えて、疲れが表に出ないで済むんですね。口紅の力って大きいですね。


それがこのリップの特徴でもあるのでしょうけど…。縦ジワも多少あったのですが、気のせいか目立たなくなったかな~と思いますが。

どんな肌にもキマる「アテニア プライムルージュ」





❖返品・交換OKの買物は、店頭買いより安心!



▮デパートでの口紅色探し、難しさを体験!


実は、私は以前デパートで口紅を選ぶとき、とても選びにくく「この色、失敗した~!」と思ったことが何度もあります。

それは、デパートのあの照明下では全てが明るく見える上、周りの環境にも影響されて、唇につけた口紅の色が正しく見えにくいのです。

外へ出たら、「アラッ、この口紅こうゆう色だったけ???」ということが度々あります。

私は、デパートで色を判断するのは、非常に難しかったですね。

ネットで購入した口紅が、返品・交換してもらえるのは本当にうれしいと思います。

実際に自分の唇につけてみなければ、その色が本当に似合うのかどうか、気にいった色かどうかも分かりません。

購入して使ってもダメだったら、返品・交換できるというシステムはありがたいですね。

これなら、店頭より買いやすくて安心かも知れませんね。
アテニア プライムルージュ



❖プライムルージュ購入条件


✤価格:1本1,500円(1,620円税込)
✤送料:無料
✤返品・交換できます
✤プレゼント:大人気のスキンクリアクレンズオイルのミニボトル(30ml:10日分)が同梱されます

プライムルージュ



私も実は、このスキンクレンズオイルを気にいってしまい、いつもリピートして使い続けています。
しっかりメイクが落ちて、何と言ってもコストパフォーマンスがいいです。私は続けやすいです。


❖こうゆう方には、おすすめしません。


✤ツヤ感が好きではない方は、他のマットタイプをおすすめします。プライムルージュは本当にツヤッ艶ですから。この画面で見えるツヤ感、このままです。



✤ハッキリした個性的な色を好む方も向きません。プライムルージュはどの色も柔らかい雰囲気の色です。








▮40代から似合う口紅の基本色





❖普段は、ベージュがかったピンク

どんな時にも、ベージュがかったピンクは使いやすくお洋服を選びません。流行にも左右されません。ベージュがかった○○色として、いつの時代も登場してくる色です。




❖知的に見えるヌードベージュ

アイメイクがしっかりしていないと顔がぼけて見えます。
肌のトラブルがある時などは、トラブルが目立ってしまいますので、注意しながら肌の調子に合わせることが必要です。



「顔にあまり色を使いたくない!」という方には、全体的にヌーディ―なメイクになり、知的な雰囲気が出ますね。



❖赤、抜群の存在感

お洒落したいときは赤の存在感はたまりませんねー♪ 1本持っていると他の色にほんの少し混ぜても魅力的な色に変えることができます。赤は、正装時にはピッタリ、正装度が高まります。




❖パーティーにパープル

パープルは華やかに装えて素敵です♪青系のお洋服を着た時には是非! お洒落なおんな度が高まる色です。




❖ゴールド系オレンジ

格調高いお洒落度が高まります。純粋なオレンジは40代からの肌色には少し無理があり、ゴールドを入れると日本人の肌色にとても馴染むのです。





▮口紅の質感は顔料と油分の配合で決まる!


顔料と油分、ワックスの配合量、粘土のバランスで口紅の性格が変わります。

油分が多いものはしっとり潤いのある質感がでます。

粘土の高いワックスが多ければこっくりとした質感になります。

ワックスが多くなければみずみずしい感じに仕上がります。




❖ツヤ感がある口紅

オイルベース
油分が多いのでツヤ感いっぱいのみずみずしいテクスチャーです。
グロスの要らない自然なツヤのある質感です。油分が多いタイプは、ランチなどで落ちますので塗り直しが必要ですが、ただ口紅はどんなタイプでも美しくいるために、誰でもランチ後は塗り直して、一日中みずみずしさを保ちますよね。




❖マットな質感の口紅

顔料を多めに配合、揮発剤の影響で密着度は高く、摂れにくいのですが、乾きやすいという欠点があります。
唇が乾きやすい方は、唇のために避けた方が無難です。




▮理想的なフォルムに近づける黄金バランス


色と質感が決まったら、塗り方ですね。
❑黄金比率は上唇1:下唇1.5



ふっくらと引き締まり感のある唇はそれだけで女らしく魅力的です。


唇の形はそれぞれ悩みがあったりするものです。人から普通に見えることでも、本人にとってはコンプレックスであったりします。



誰もが、同じように理想の唇を描く必要はないと思いますが、唇というパーツの立体的な造形美を引き立てる描き方を知っておけば、コンプレックスが少しでも軽減されるのではないかと思います。

❖美しい唇のポイントは上唇の山と谷のバランス


鼻唇溝(鼻の真下の溝のこと)の直ぐ下にある山と口角へ進む谷へのラインが重要です。
ここが曖昧だと立体感が生まれません。



❖45歳以降の唇はペンシルを使い、輪郭を描きましょう。


上唇に「梅干しばあさん」と言われるシワができて、そのシワに口紅の油分で筋が入ることがあります。

そんな時も油分のないペンシルで、輪郭さえとってあればにじみを防ぐことができます。

色選びとしては、使う口紅のほんの少しだけ暗めの色を選ぶと、口紅と馴染みやすく、引き締まり感もでます。




▮40代美しい口紅の塗り方






❖ペンシルで輪郭をとり口紅を塗る



➊ペンシルを使い上唇の山、三角を決めます。 

注意:山の位置は、鼻の穴の真下に必ずくるように、左右対称に描きます。

❷口角から山へつなぎます。

❸下唇を左右の口角から口角までをつなぎます。

❹輪郭をとった内側に口紅を上下に塗りのばします。



❖落ちにくくしたい時には


ランチやお茶を飲んだ後など、何度も塗り直しができない時があります。
そんな時には、はじめから落ちにくくしておく手段として、テッシュオフしておきます。

❶口紅を塗った後、ティッシュペーパーを唇に軽くあてて全体を抑えます。

❷もう一度口紅を重ね塗りします



❖ビビットな色を選んでしまった時

40代でビビットカラーは少し冒険です。
できれば中間色がいい、曖昧な色の方が馴染みやすいのです。

でも、余りの美しさに惚れこみ、つい買ってしまうことがありますよねー。

そんな時の対策にもテッシュオフをして鮮やか度を調整してみてください。

1.2度オフすれば落ち着いた色になり丁度良いと感じたらOK!
更にツヤが欲しいと思うなら、その上にグロスを足しましょう。



❖流行りの赤を今的なカジュアルな塗り方に

赤は上手く塗ることができれば、唇の魅力を目いっぱい味わえる色ですが、同時に紙一重の難しさもあります。

輪郭はペンシルで描いたら赤のリップを指先でとり、唇にトントンと中央から軽く色を置くような感じでつけてみてください。
唇の中央が一番赤く濃いという感じの塗り方です。





❖唇にシワがある場合の塗り方


リップブラシを縦にあてて、ポンポンとシワを埋めましょう。


❖唇の修正で立体感を出す



歳とともに唇は扁平(平らに)になります。



それをカバーするには、
口紅を塗る手前で輪郭にハイライトを塗ります。
すると唇が引き立ち、立体感も自然にでます。

❶輪郭のやや外側ラインをハイライトで縁取ります。

❷指先で軽く馴染ませます。ぼかし過ぎては効果がなくなりますので注意を
!

❸下唇も同様にハイライトを塗ります。
※これは薄い唇をふっくらさせたいときにも応用できるテクニックです。



唇のボリューム感が少なくなり、平らな唇や輪郭はぼんやりした印象に見えます。自信のない印象にも見えてしまいます。

口角も下がってくるため若い頃に比べると「いつも不平、不満顔」に見えてしまうのです。




▮40代微笑みをつくる塗り方



いつも微笑みを忘れない40代って素敵だと思いませんか!

たまにそんな方を見かけて、こちらも思わず微笑んでしまいます。

口角を引き上げて見せる方法をとれば「いつも笑顔の感じがいい人!」という印象になります。
やり方は簡単です。


❖笑顔をつくる口紅の塗り方


❶下唇の口角から上唇に向かって1㎝程度をハイライトを入れます。

❷その後、手で軽くトントンとたたき馴染ませます。
ぼかし過ぎると、折角塗ったハイライトの効果がなくなるので注意しましょう。

唇全体の輪郭がぼんやりしてきた方も、この方法でリップメイクをすれば、口紅の色も映えて立体感のある美しい口元になりますよ(^^♪




人と会って会話をする時、相手の目か唇を見ていることが多いと思います。

その時、言葉を発している唇が、形のいいふっくらしたボリューミーな唇は魅力敵ですね。


リップメイクが成功すると、顔がパ~ッと明るくなり、気分も華やかになります。
素敵な出会いがあるかも知れませんねー♪


❖使用後でも返品・交換ができるプライムルージュ
>>アテニア プライムルージュ



【40代 人気記事】チークの入れ方で悩んでいる方は必見!


>>チークの入れ方 40代肌に息吹を与える失敗しない入れ方 | 美活アンサー

【40代 人気記事】眉毛の書き方で悩んでいる方は必見!


>>眉毛の描き方は、小顔に見せる効果が! 40代以降 | 美活アンサー

2018年9月8日リニューアル版

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。