ほうれい線、筋肉つけて、ヒアロディープパッチ貼って浅くしました!


ほうれい線、筋肉を鍛えながらヒアルロン酸の針を貼るだけで変わった!





【もくじ】
▮ほうれい線は、筋肉低下によりできた溝
▮内側から筋肉UP+外側からヒアルロン酸注入
▮内側から鍛える筋肉UP
▮外側からヒアルロン酸を注入
▮週1回、自分で入れるヒアルロン酸ヒアロディープパッチ


▮ほうれい線は、筋肉低下によりできた溝


ほうれい線はシワというより、加齢によって起こる肌のたるみと、筋力の低下です。


ほうれい線の位置は、頬の筋肉と口輪筋など口周りの筋肉との境界線です。

若い内は、肌に弾力があったため、ピンと張っていたために、そこの境界線が目立つことは、なかったのですが、


歳とともに、頬の筋力や口周りの筋力が、低下したために、境界線がくっきり、目立つようになってくるのです。


顔の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織、この3つの層で成り立っています。




表皮層
表皮はとても薄い層ですが、肌の水分を保ち、細胞の入替りをするためのターンオーバーを繰り返しています。


真皮層
真皮には、線維芽細胞という細胞の芽が存在し、そこからコラーゲンやエラスチンを生み出して、肌の弾力やハリを保つための、重要なはたらきを担っています。

血管や、汗を出す汗腺、皮脂腺などがあり、重要な組織で、肌の土台とも言える大切な層ですね。


皮下組織
一番下に皮下組織があります。
たくさんの脂肪細胞を含んでいるので、皮下脂肪とも呼ばれます。


外から加わる力に対して、身体に直接影響しないように、クッション的な役割を果たしています。
身体全体の保温という役目もある重要な層です。



皮下脂肪は、男性と女性で比べた場合、男性より女性の方が発達しています。

バストやお尻などに、女性らしさの曲線を醸し出しているのはこのせいですね。


一般に皮下脂肪が占める割合は、圧倒的に女性の方が多く、内臓周りの脂肪は男性の方が高いといわれています。とりわけ年配の男性は、内臓の皮下脂肪率が高いと言われています。


皮下脂肪は、いわゆる脂肪組織なので、顔の脂肪細胞が多くなれば、顔の皮膚も肉厚になり、その分、顔も大きくなります
同時にたるみを引き起こし、二重あごにもなります。


皮下組織は、縁の下の力持ち的存在
皮膚の一番下で支えているのが筋肉。言ってみれば、縁の下の力持ちというわけですねー。


肥満になると、皮膚の脂肪層が厚くなりすぎるために、皮膚と筋肉はそれを支えられなくなります。

すると、重力や引力で脂肪の垂れ下がり減少が起こります。
いわゆるたるみ現象ですね。


先ずは、皮膚全体を下から支えている筋肉が、しっかりしていることが大切です。
ここに筋力の低下があると、ほうれい線はなかなか解決しないことが多いのです。


美肌には、皮膚の表面からアプローチする、スキンケアは欠かせませんが、
ここで、ご紹介するフェィスストレッチは、皮膚の内側から、筋肉にはたらきかけるものです。

顔の筋力を高め、ほうれい線の溝を目立たなくします。是非実践してみてください。




▮内側から筋肉UP+外側からヒアルロン酸注入


最も脂肪の多い頬の筋肉は、たるみやすいです。

・頬から口角にかけての筋肉は、特にくずれやすく、ダブつきやすい。

・ココの筋肉がゆるむと、口の中の頬を噛んでしまうことが多い。

・頬を引き上げるストレッチは、頬全体が引き締ります。

・この筋肉がダブつくと、輪郭がぼやけた印象になります





▮内側から鍛える筋肉UP


鍛える筋肉
① 頬筋(きょうきん)
② 小頬骨筋(しょうきょうこっきん)
③ 大頬骨筋(だいきょうこっきん)



❒ 1ヶ所の回数=3~5回
❒ 5秒間かけて動かす、
❒ ゆっくり行うことが原則
❒ 1日=3回行うとよいでしょう。



❖頬の下あごの筋肉を鍛える


・口角から耳の中心に向っている筋肉          
・ここがたるむと、リンパ液も滞ります




❖頬の筋肉を引き締め、ハリを与える


ここの筋肉が弱いと、頬から口元にかけてのラインがゆるみます。
表情が乏しいと、この筋肉が弱っています。
ここが引き締まると、ほうれい線は勿論、小顔にもなります




❖頬の大きな筋肉が強くなると、頬トラブルも解消できる





これらの頬の筋肉が強くなると、頬に起こりやすいトラブルに対しても、跳ねつける力がつきます。




▮外側からヒアルロン酸を注入


口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』



筋力が低下すると同時に、表皮の角層を埋めている基質や、コラーゲン繊維の間を埋めているヒアルロン酸も減少します。

ヒアルロン酸は、元々人間の身体にありますが、歳とともにどんどん減少していきます。
50歳で20歳の半分の量になります。


50歳という年齢は、ターニングポイントとして、現在の肌を見つめ直す時期と言えますねー。


ほうれい線そのものは、筋肉の力が弱くなって起きることが大きな要因です。

ですが、頬周りの失われた皮膚のハリも同時に高めながら、ストレッチを実践していくと、より早く変化を実感することができます。



✤ヒアルロン酸を外から補いましょう!
ヒアルロン酸の力は大きく、わずか1gのヒアルロン酸で6ℓもの水分を抱きかかえるという、水分を保持する能力にたけています。


減少した水分を補って肌を、ぷるっぷるにさせるには、優秀なはたらきをしてくれます。


ヒアルロン酸と言えば、美容クリニックへ行き、ヒアルロン酸を注射で入れる方法が一般的ですね。

直ぐにふっくらしていいと思うのですが、ほうれい線は、毎年自然に深くなっていくものです。




美容クリニックで入れたヒアルロン酸は、直ぐに溝が浅くなりとても良い方法です。

ただ、3ヵ月から、持つものでも6か月のヒアルロン酸を、その都度きちんと美容クリニックへ通い、注入しなければ浅くなった溝は維持できません。


通い続けるための時間と費用面を考えて、判断することが必要ですね。




▮週1回、自分で入れるヒアルロン酸


ヒアロディープパッチ
口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』



同じヒアルロン酸でもこちらは、簡単です。
何しろ、自分の手で週1回、夜のケアで入れるだけ、ヒアルロン酸針が貼ってあるシートを貼って寝るという簡単な方法です。


「これでは、直ぐには溝が浅くならないでしょう?」って声が聞こえそうですね。
はい、そうですね。直ぐには浅くなりませんよねー。


私もはじめは、こんなものでヒアルロン酸が、増えるのかって思いました。ちょっと信じられない感じでしたねー。


でも、もし気になるほうれい線が少しでも浅くなるなら、という気持ちの方が勝り、購入してみました。



そして、ちゃんと1週間に一度、土曜日の夜のケアにヒアルロン酸を貼ると決めて貼りました。はじめはよく分からないなーというのが実感でした。


1ヶ月使い終わる頃、2か月目をどうしようかな~と思っている時、お風呂上がりに、洗面所の鏡をマジマジ見ました。



すると、ほうれい線が・・・深さが確かに違っているような気がするのです。

気のせいかも知れないのですが、取敢えずもう1回だけ注文して、使っておこうと思い、購入しました。


ある日、駅で友人と待ち合わせるために、駅でウロウロしていて、ふっと立っている脇にあった鏡を見ました。「あ、私、まだ若いかも~」なんて思えてしまいました。


ヒアロディープパッチを貼ったことは忘れていました。




待ち合わせた友人と美容の話が出て、テープに貼ったヒアルロン酸を、週1のケアで使っていることを友人に話しました。


そうしたら、友人が「私も使いたい!どこに打っているの?」と聞かれ、買ったところを教えてあげました。へ~、みんなほうれい線は気にしているんだ~!と再確認しましたね。


そして、家へ帰り再び鏡を見て、「う~ん、確かにほうれい線、様子が違っている!」と思ったのです。

なんだか溝がそれ程目立たなくなっています。気にならなくなっているのです。

それから続けているのですが、途中、止めている時もあります。

1年中、貼っていなくても、ふっくらしてきたら休み、気になったらまた始める。
私は、こんな感じでゆったり続けています。

お値段がもう少し安ければ、1年中使えるんだけど、ここが残念!上手に使いたいと思います。


ほうれい線が目立たなければ、年齢も違って見えますよねー。
いつも、ほうれい線には、ハイライトを入れてメイクをしていたのですが、今現在は、ハイライトは入れていません。


これは、美容クリニックでヒアルロン酸を入れるのは、ちょっとー・・・という方におすすできますね。


これは、肉眼では見えないような200ミクロンという微小な針ですが、
これを、シートにびっしり敷き詰められていて、肌に貼り付けて寝るだけで、肌の深部まで、ヒアルロン酸と美容成分を届けることができるものです。






痛みを感じる痛点までは届かないように、絶妙な針の長さでできています。

私が使った感想では、最初2回目くらいまでは、テープを貼る瞬間、チクッとした痛みを感じましたが、慣れると全く何も感じなくなりました。最初だけですね。

これは、主にほうれい線とか、目尻の小ジワなどに考案された商品ですね。
気になる目尻の小ジワにも、使いたくなりますが、そこは、集中して先ずは、ほうれい線だけにしてください。

ある程度、ほうれい線が改善されたら、目尻の小ジワに移るといいと思います。

ヒアロディープパッチ




✤「ヒアルロン酸ニードル」
針そのものが、ヒアルロン酸をメインとした美容成分でつくられています。

針の形状により、角層の奥深くまで入り、じっくり溶けてジワジワ入るという仕組みです。
ヒアルロン酸をこんな形で肌に入れるんだ~!って、私は最初ビックリしました。


ただこれも、ヒアルロン酸は、吸収が早いので、入れたあと時間とともに少なくなっていきます。
1週間に一度、定期的にきちんと入れていく方法が、一番良いように思います。



▪世界初の技術開発「ヒアルロン酸ニードル」
▪厚生労働省指定「抗シワ試験」に合格
※シワに対して、改善するかどうかの試験を通過し、合格したということです。
▪モンドセレクション 最高金賞受賞
2017年・2018年連続で最高金賞受賞しています。




プレミアムナイトケア     
❖深部まで届く

❖効能効果試験済

❖週1回、貼って寝るだけ

左右に貼って約1か月分(1個:8枚入り)                     

お試し定期価格:3,980円               

全額返金保証付き


もし、合わなければ返品できます。
但し、最低15日間使用した上で満足しなければ、商品が届いた日から25日以内に返金の申請をしてください。

その場合、商品は、使いかけでも使い切ってもOKですが、商品のパッケージを送る必要があります。

この制度は安心ですね。合うかどうかは使ってみなければ分かりませんものね。


口周りのお悩み対策に『ヒアロディープパッチ』



最近の情報では、『ヒアロディープパッチ』が4秒に1枚売れている商品だそうです。すごいですね。
それだけ、ほうれい線に悩む人が多いということですね。

気になる部位に貼るだけの、超簡単なケアなので人気です。

ほうれい線が気になっていた私が、顔の筋肉を日々のケアと一緒に鍛えて、鍛えるといっても、本当に簡単!超簡単です!

そして、ヒアロディープパッチを買ってほうれい線に貼って寝るという方法を実践してみたら、本当にほうれい線の溝が浅くなった体験をお伝えさせていただきました。


関連記事
・更年期美容セラミドで変わるという真実!乾燥性シワ

口周りのお悩み対策に『ヒアロディープパッチ』








コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。