目尻のシワにヒアルロン酸という話?本当に改善できるか検証!


▮目尻のシワ対策、人気のヒアロディープパッチを検証!





【もくじ】
▮ヒアルロン酸を、目尻のシワに美容クリニックで入れる方法
▮ヒアルロン酸を、スキンケアで目尻のシワに補う方法
▮ヒアルロン酸を、週1回針目尻のシワに貼る方法
▮ヒアロディープパッチ、50代の目尻で検証しました
▮トラブルが出やすい目元のシワを魅力的に!



目尻のシワと言えば、最近は“ヒアルロン酸と言いますねー。

1.ヒアルロン酸を、美容クリニックで注射する方法
2.ヒアルロン酸をスキンケアで補う方法
3.ヒアルロン酸ニードルを貼る方法

この3つに絞って考えてみました。





▮ヒアルロン酸を、美容クリニックで入れる方法


ヒアルロン酸の注射でシワ、たるみを改善する方法として、昔は整形手術が一般的でしたが、
現代では、簡単に、部分的にヒアルロン酸を投入して、シワやたるみを改善する方法が
とられています。



❖費用


クリニックにより、かなり差がありますが、
1ヶ所で、60.000円~80.000円

❖施術時間


15分~30分程度 これは何と言っても魅力!

❖期間


6ヵ月~1年間 (個人差がある)
6ヶ月から1年経過すると、徐々に吸収されて水になってしまいます。

吸収されたあとは、元のシワに戻っていきますから、6ヵ月か1年ごとにきちんと入れていけば、常にシワの悩みがなく過ごせますよね。

クリニックでのヒアルロン酸は、簡単で魅力! 問題は、費用面と維持できる期間ですね。

あくまでも対症療法ですから、6ヶ月から1年を過ぎれば、またシワが目立ってくるわけですから、効いている期間、満足している期間は限界があります。

✤さらに女性の欲望は・・・?
1カ所だけで済みますか~?
ほうれい線も、気になるように
なりますよねー、きっと!



ヒアルロン酸そのものは、安全なものとされていますが、
それでも、アレルギー反応を起こす可能性は、ゼロではないようです。

さらに言えば、医師選びも大切です。
未熟な医師が施術した場合、血管にヒアルロン酸が詰まって血流障害を起こす事例があるようですから、そうなると、医師選びが重要なポイントですね。




美容大国の韓国では、整形が盛んですが、医師が通年不足していて、未熟な医師の
施術が多いそうです。そのため整形に失敗して、訴訟が絶えないという話を聞きます。

実は、私の友人にも私から見たら「失敗」と思える人が2例あります。

その友人は、久しぶりに私と会うので、ヒアルロン酸注射をしてきたようなのですが、
確かに、しわはなくなっているのですが、

顔が凸凹しているのです。頬の上部あたり、本来凸凹しない筈の場所にです。
自然じゃないのです。

きっと本人の要望が大きくなり、ヒアルロン酸を多く入れたのではないかと推察していますが。
一度ヒアルロン酸を入れて成功すると、もっともっとと期待値が大きくなって場所も、量も多くなっていくような気がしませんか?


もう一人は、高齢ですが、唇の上にあるシワを気にして、ヒアルロン酸を注射したのですが、
直後は腫れがあり、医師からは「1週間もしたら腫れはなくなって、シワもなくなっているから」と言われていたそうです。

ところが、腫れがいつまでたっても取れず、ひいてきても唇の上が・・・
ふっくらと言うより、少し腫れている感じなのです。


患者側の期待値と、医師からの十分な説明の理解が十分であったかどうかが気になります。
お互い、十分納得した上で決めることが重要ですよね。




信頼できる医師を見つけて、定期的に通い続けることができれば、最もいい方法と言えるかも知れません。

途中で止めると、急にシワが増えてくる自分の顔に、気持ちがついていけなくなるかも知れませんから・・・。

お互い納得の上で、しっかりした施術さえ行えば、一瞬でシワが改善されるのですから、
いい方法だと思います。






▮ヒアルロン酸を、スキンケアで補う方法


スキンケアで、ヒアルロン酸を肌に塗るだけで、シワそのものに改善の効果を期待するのは、正直言って難しいかも知れません。

ただ、ヒアルロン酸を成分として肌に入れる場合、角層には浸透します。
角層に、ヒアルロン酸が入れば、角層内部の水分としてしっかり満たされますから、乾燥によるシワやたるみを、予防することができます。

外気や紫外線などによるシワへの影響を防ぐためにも、角層内部の水分を十分に保つことは大切なのです。

浅い小ジワ程度のものなら、スキンケアとしてのヒアルロン酸を塗るだけでも十分なことも多いです。




▮ヒアルロン酸を、週1回針を貼って入れる方法


ヒアルロン酸が貼ってある針で入れる方法です。



しかも超簡単! 
週1回、夜寝る時に、目尻の気になる小ジワに貼るだけでOK!

寝ている間にジワジワ~っと浸透していきます。

朝起きて、鏡を見るのが楽しみになると思いますが、日毎に変わるほど速攻ではありません。

肉眼では見えないほどのミクロの針、(これをヒアルロン酸ニードルと言います)
貼って15分程たつと、ヒアルロン酸が溶けはじめ、肌に入っていきます。

針そのものがヒアルロン酸+美容成分で作られているらしく、ジワジワと奥に入っていくのだと思いますが、

角層に十分な水分を確保できます。
角層がいい状況なら、乾燥からくる小ジワは、かなり防ぐことができます。





▮ヒアロディープパッチ、50代の目尻で検証しました





❖50代の肌で、ヒアロディープパッチを検証してみました。





✤検証結果
ヒアロディープパッチを、54歳の乾燥肌で検証してみた結果

50代では時間はかかるものの、しぼんだ瞼の皮膚が少しふっくらしてきました。
若い肌なら、もっと早く変化を感じ取ることができるような気がします。


見た目には、角層の状態がよくなってるな~と感じます。
検証前と比べると、はっきりふっくらしてきています。

ちょっと、みずみずしくなってハリも感じるかな~と。
年齢を考えると、これは結構いけるかも~と思いました。

スキンケアとして考えるなら、選択もアリと思いました。


ヒアロディープパッチで効果を感じなかったら、次の手段として良い医師を探して、美容クリニックでヒアルロン酸を入れてもいいかも知れませんね。順序としては。


年齢や、肌状況によっても効果の出方は違いますから、
はじめての方は、お得なお試し価格がありますから、もし気になったら一度ご自分の肌で試されるといいと思います。


ヒアロディープパッチは、抗シワについて厚生省の「効能評価試験通過済」ですね。
興味がある方は、こちらの公式サイトでチェックしてみてください。


✤ヒアロディープパッチ
約1か月分(1個:8枚入り)
お試し定期価格:3980円(税別)
全額返金保証付き

ヒアルロン酸の針で目周りの小じわ対策/『ヒアロディープパッチ』






▮トラブルが出やすい目元のシワを、魅力的に!


目元の皮膚はとても薄い上、
まばたきを一日中繰り返しているので、思っているより疲れ気味なのです。
乾きやすいですし、血行の循環も悪くなります。
水分補給をしっかり行い、決してこすることのないケアをしましょう。

そして、もう一つは紫外線です。
紫外線をお構いなしに過ごしていると、シミはもちろんのこと、シワやたるみが半端なく、しかも、早々と出現してきます。

乾燥を放置すると、さまざまなトラブルを誘発します。
目元は頬などの皮膚より、うんと薄くて弱いことを、忘れることなくケアをしていけば、歳を重ねてもそれ程老け込まなくて済む人が多いですよー
基本的なケアを、日々きちんとしていきましょう。

ケアをして、それなりに自分の肌を労わってきた方が歳を重ねたとき、シワがあっても私は、自然に熟した美しさを、魅力を感じます。

シワ一つない肌が美しいのではなく、人生を重ねた自然な美しさがあると思っています。

さぁ、魅力的な美しさを目指して日々頑張りましょう!





関連記事
40歳!見た目年齢で勝負! 目元のシワ、くすみ、クマならさらばできる アイキララ購入


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。