塗るだけでは防げない?飲む日焼け止めはどんな効果?


▮注目の飲む日焼け止め、何故両方必要か?





▮飲む日焼け止めのはたらき
▮飲む日焼け止めの効果
▮人気のホワイトヴェール体験中!
▮日焼け止めクリーム、完璧に塗り切れない
▮増え続ける紫外線量と長い期間
▮日焼け止めクリーム「紫外線吸収剤」のリスクは?
▮お手軽、飲む日焼け止めは育肌!



日焼けを防ぐのに、今、飲む日焼け止めサプリが脚光を浴びていますが、
もう試しましたか~?

効果があると人気のホワイトヴェールですが、







でも一体どこまで効果があるのか、いま一分かりませんよねー
飲んで日焼けを防げるなら、簡単でいいけど・・・???
検証してみました。





▮飲む日焼け止めのはたらき



これまで慣れ親しんできた、塗る日焼止めとの違いは、目的とするサプリメントを口から摂取して身体の内側から日焼けのダメージを抑える、というものです。

飲む日焼け止めを飲めば、日焼けしないというわけではなくて、
日焼けした後、肌に起こるシミやソバカス、シワ・たるみなどができるのを抑えます。
日焼けの痕を残したくないので、シミやシワたるみとなって残ることがないならいいですね。

飲む日焼け止めは、紫外線を浴びることで起きる炎症を抑制します。
シミの原因であるメラニンの活性を抑え、シミができるのを防ぎます。


また、しわ・たるみなどの原因となる活性酸素を抑制します。
美容上、これは大切です。




▮飲む日焼け止めの効果


❖紫外線UVA波もPA波もOK!
飲む日焼け止めは、紫外線のA波のダメージも、B波のダメージも抑えて、無効化してくれます。

✤紫外線B波は


紫外線B波は、肌に赤く炎症を起こして、シミやソバカスを発生したり、濃くしたりします。

飲む日焼け止めの主要成分は、国産ではニュートロックスサンが多いのですが、そのニュートロックスサンには、紫外線B波から受ける炎症を抑えるはたらきがあります。

紫外線を浴びると、直ぐに赤く炎症を起こすタイプの人は、飲む日焼け止めを飲むと炎症を起こしにくいということです。こうゆうタイプの人が、飲む日焼け止めを飲むと、効果が分かりやすいですね。


✤紫外線A波は、


紫外線A波は、肌の奥まで入りこみ、活性酸素を発生させます。
弾力繊維のコラーゲンやヒアルロン酸を破壊させるために、シワやたるみをつくる原因になります。

飲む日焼け止めは、抗酸化成分が配合されているので活性酸素を、水際で食い止めて、排出してくれます。こう考えると、飲む日焼け止めを摂取する意味はあるように感じますね。


外からの紫外線を日焼止めクリームで防御することと同時に、内側からの活性酸素を抑制するための、飲む日焼け止めも摂取すれば、日焼けに伴う肌へのダメージを抑えることができるという
ことですね。



▮人気のホワイトヴェール体験中!


飲む日焼け止めを検証していたら、
結論として「私も飲んだ方がいい」と思いました。
ニュートロックスサンが主成分のホワイトヴェールを購入し飲んでいます。


ホワイトヴェール、何と言っても小粒の錠剤で飲みやすいです。長く飲もうと思うと飲みやすさも大切です。
届いた時、袋より、中身が少なく感じて思わず上のジッパーを確認しました。
小粒なので袋の中身は少なく感じたのですね。
1日4粒飲もうと思い、2袋の購入です



身体への吸収時間を考えると、外出時間の2時間前に飲むのがいいようです。

・初回購入が、980円
・錠剤が、60粒入り
・1日2粒~4粒を目安
・定期購入の初回価格がお得です。
・定期でも条件はないので、いつでも解約・休止・変更できます。
・90日間全額返金保証付きです。

定期購入しか用意されていないのが少し残念ですが、でも、定期購入の縛りはないので、初回だけで続けたくなければ、次回は10日前に定期コースの解約をすればいいと思います。

通常価格は少し高めかも知れません。
公式サイトでしか販売されていませんね。楽天やアマゾンにありません。




❖主な成分配合


✤ニュートロックスサン:
・強力な抗酸化作用があるため、身体が酸化するのを防ぐ
・紫外線を防御

✤クロセチン:
抗酸化作用と血流を促進

✤マリーゴールド:
眼から入る紫外線により、増えた活性酸素を除去

✤リコピン:
抗酸化作用と血流を促進

✤ザクロ:
ビタミンB1、B2、ビタミンC、
女性ホルモン分泌を助ける
美白に貢献する。

✤メロンプラセンタ:
ビタミン、アミノ酸、ミネラルなどの栄養素が豊富
コラーゲン生成や代謝を活性化する

✤グアバ:
ポリフェノール、ビタミンC・E、ベーターカロテンなど豊富な栄養素が
代謝を活発にし、シワやシミを防ぐ。

日焼止めの他にも、美肌を高める成分はたくさん入っていますので、内側からのケアとしていいかな~と思いました。
眼を守るルティンも配合されているので、眼からの紫外線が、気になる人はいいと思います。
私は、秋口が楽しみです。


❖ホワイトヴェール、気になったらチェックしてみてください。










▮日焼止めクリーム、完璧には塗り切れない



日焼止めクリームを、毎日毎日しっかり塗っていても、年々シミ・ソバカスが増えているという現実がありますよねー。


それは、日焼止めクリームを完璧には塗り切れないのと、塗り方も、正しく塗れていないことが多いのです。



✤正しい塗り方
・塗る量は1円玉の量
・のばさずに、トントンと肌の上に置き、手だけ移動するような感じにつける




紫外線は、全方位から身体にとりこまれていきます。
つまり全ての角度から紫外線は入ってきます。

上からも、斜めからも、下はアスファルト、雪国の方も雪は反射しますから、日々しっかり紫外線を浴びています。





全てを覆い隠したとしても、眼からも紫外線は入ってきます。
眼から紫外線が侵入すれば、脳にそれが伝わります。
シミの元であるメラニンは、肌を守るための防衛反応です。
脳は、身体を守らなければいけないと思い、「メラニンを出せー!」と指令を出してしまうのです。


やはり、日焼止めクリームを顔に塗るだけでは、紫外線の影響によるダメージを防ぐことは、できないようです。


飲む日焼け止めを飲めば、絶対日焼けはしないならうれしいのですが、
まだ、日本で発売開始されたのが2014年頃からですから、データーが十分ではないように思います。




でも、これまでと同じケアの場合、
来年もまたシミが濃くなり、シワも増え続けていきます。
現状維持だけで良くても、昨年していなかったケアを、積極的にプラスしていかなければ、維持もできないわけですね。



多くの研究により、紫外線を過剰に浴びると、健康や美容に大きな影響を与えることが分かっていますので、更に研究は進んでいます。





✤皮膚上では、
・シワをつくる
・シミ、老人班
・良性の腫瘍
・皮膚ガン




✤目
・白内障
・翼状片






▮増え続ける紫外線量と長い期間


紫外線は、10年前から比べると増えているのをご存知でしょか?
近年の夏は、やたらと厳しく感じませんか?
照りつく日差しが強くて、日中の外出は恐いと思うほどです。

今の時期、どれくらいの紫外線が地上に降り注いでいるか見てみましょう。

厚生労働省のデーターを見ると、
紫外線の量は20年前に比べると、年間平均して6~14%増加したという報告があります。
私たちの生活で、どの程度の紫外線を浴びているのでしょうか。




4月から紫外線は、増えていき、5月は、9月と同じ量が降り注いでいます。

お天気によってはどうでしょう?
晴れの日と、雨の日と比べると、しっかり違いが分かりますが、
うす曇りの日は、晴れの日とほとんど変わりませんね。
雨の日でも紫外線は、ゼロではありません。春先から要注意!





・南に行くほど紫外線は強くなります。
・春から初秋にかけて最も強い 年間の70%~80%
・1日の内では、午前10時~午後2時 1日の60%~75%を浴びています。

農業・漁業・土木建設業など、外での職業を持っている人は浴びる量がとても多くなります。










▮日焼け止めクリーム「紫外線吸収剤」のリスクは?


紫外線散乱剤も吸収剤も、近年は小さく微粒子化されてきて、これまでより肌の奥まで浸透するようになってきました。肌の奥に入るということは、「効果がありそう!」と思われがちですが、奥に入るということは、入ってほしくない成分まで入ってしまうのです。

スキンケア成分には、誰にでも使いやすくするために、さまざまな添加物を配合してあの剤型にしているわけです。健康な身体や肌を持つ人には何でもないものでも、ちょっと敏感になっていたり、体調が悪い、肌状態がよくないときに塗ると、刺激となってしまうことがあります。

特に紫外線吸収剤は、紫外線を肌に吸収して熱エネルギーに変換し、肌に入りこまなくて済むようにはたらきます。



❖SPF値の高いものには吸収剤が配合


SPF値30以上の高いものに吸収剤を配合することが多く、UV-AもUV-Bも幅広い領域の紫外線を吸収し、日焼け止め効果の高さを売りものにしています。


しかし、アレルギーを引き起こす可能性があり、発ガン性の懸念も指摘されており、さまざまな側面から注意しなくてはいけない成分です。

主成分は、オキシベンゾンなどを使っており、
紫外線を吸収して肌を守ってくれる成分ですが、最近になって健康への影響が明らかになっています。


「環境ホルモン」や「発ガン性のリスク」のリスクが心配されています。
まだ研究段階でグレーゾーンのリスクではありますが、肌が敏感な方は特に避けた方が無難でしょう。



❖紫外線散乱剤の悪影響はほとんど無い


酸化チタンが主成分です。
紫外線を肌の上で散乱させて、肌の中へ侵入するのを防ぎます。
中へ侵入する吸収剤より、悪い影響はありません。

食品にも添加物として使われているもので、つまり私たちは身体にも酸化チタンを摂取しているのですね。
水と馴染んで膜をつくる性質があるので、スキンケア商品に使われることが多い成分です。


酸化チタンを細かくナノ化すると、紫外線を遮断する効果があるため、ファンデーションや口紅などにも、多く使われています。







▮お手軽、飲む日焼け止めは育肌!


外から塗る日焼け止めと違い、飲むことによって、身体の内側から日焼けを防御し、紫外線に負けない強い肌に育てる。身体全体を守ることができます。

そして、美肌に良い成分も配合されているので、+アルファで日焼け止めサプリを組み入れるのもいいかも知れません。

塗るより簡単で、口から入れて、腸をかえして全身に周り、内側から日焼けを抑えるというものです。
これまでの発想とまるで違った紫外線防御剤と」いえます。
塗るのは、ムラになりやすく、汗をかけば塗り直しが必要で手間がかかりますが、飲む方法ならそれも要りませんよね。簡単、お手軽です。

費用は多少かかりますが、数年後、シミやシワで悩みで、美容クリニックでレーザーなどを使うことになれば、きっとその方が、費用はかさむように思います。
元々つくらない方が、本当の美しい肌でいられますから。



私も本当の効果が分かるのは、秋口の素肌だと思っています。
夏を過ごした素肌は、シミが目立ち、くすみもあるので「歳は争えないな~」といつも思います・さて秋口にどうか?楽しみです。


1年1年シミが増え、シワも増えていくのが自然ですから。
9月一杯までの紫外線が多い時期は、多めに1日4粒飲み続けようと思っています。
(基本は1日2粒)


老化の最大の原因は紫外線からの影響が80%、加齢によるものが20%と言われています。
紫外線を浴びすぎて老化していく80%の原因を減らすためにも紫外線対策をしっかり行いたいと思います。







コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。