40代 その肌荒れ、ストレスが原因かも 負けない方法と肌対策 アヤナス


▮ストレスは肌荒れを引き起こし 結果:老け肌に




▮ストレスがもたらす肌の影響


40代は、仕事に於いてもプライベートでも役割が大きく、問題を抱えやすい時期でもあります。
ストレスによる肌荒れなどの、肌トラブルを引き起こす原因は、「自律神経の乱れ」です。
これを繰り返していると、敏感な肌になったり、乾燥が進んだり、結果=老け顔になります。




▮ストレスで肌が敏感になる?


ストレスは、悩みや不安によるメンタルなストレスと、季節の変わり目などに起こる気温の変化、睡眠不足などの生活習慣の乱れなどがあります。
これらのストレスは血液環境を悪くし、免疫力を低下させ、肌を敏感にしてしまいます。




▮ストレスで、肌が荒れる肌内部の変化


❶血流が滞り、皮膚の温度が低下します。


皮膚の温度が下記のように低くなります。



❷細胞の連結がゆるみ、バリア機能が低下します。


皮膚の温度が低下すると、肌の細胞同士をつないでいる角質層になるための直前の細胞が、正常に働かなくなってしまいます。
すると、肌の水分やCaイオンが流れ出してしまい、正常な角層をつくることができなくなるのです。つまりバリア機能の低下が起きてしまいます。



❸慢性的な炎症が起き、コラーゲンを破壊




バリア機能が低下した肌は、ちょっとした刺激にも過剰に反応しやすくなり、慢性的な炎症を起こすようになります。

すると、コラーゲンを破壊しようとする酵素が増加します。
コラーゲンが破壊されると肌の弾力や保水力を失うため、しわ、たるみなどが加速していきます。

皮膚に刺激を覚えたあとに、そこがシワっぽくなったりすることがありますよねー。
水分を失うため、しわやたるみが引き起こされるのですね。😢



▮傷んだ肌を立て直し、ストレスに強い肌がつくられる!


敏感肌用コスメで人気の、ディセンシアシリーズのアヤナスが、ストレス バリア コンプレックスとして3種類の組み合わせにより完成された成分を核となる成分として配合し、リニューアルしています。

ストレス受けたあとに起きる皮膚温度の低下や、バリア機能の低下にアプローチしたものですが、バリア機能を高めることで、刺激に負けない健康な肌へ導いてくれます。

ストレスで、しぼんでしまった肌に対して、弾むような弾力とハリ感を取り戻せます。

実は、私はこのアヤナスで肌を回復できました。




詳しくは、この下のアヤナス公式サイトへ





▮敏感肌を招く根本原因の見直しを


一番の改善策は、ストレスを溜め込まないようにすることが、根本的な解決策ではありますが、女性が大活躍するようになった現代社会では、それが一番難しいものですね。

ストレスを、上手く回避するための生活の工夫や、考え方などを見直すことで少しづつでもダメージを軽くする方法を考えてみては如何でしょう。

適度な運動を生活にとり入れる。質の高い睡眠を工夫する。

食生活では、栄養や時間にも改善の余地はないかなど、自律神経のバランスを崩しているものがないかを、見直してみることも大切だと思います。



▮生理周期で



生理周期で、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。この二つのホルモンバランスが生理周期によって変化します。


ニキビや吹き出物ができる、シミが濃くなる、むくみがでる時は、プロゲステロンが多く分泌されるためです。
この時期は、心身ともに不安定になり、イライラや落ちこむことが多いものです。

生理によるホルモンバランスの乱れだけでなく、ストレスも感じやすいため、肌荒れを起こしやすくなります。
生理中は、できるだけゆっくりとリラックスするよう心がけましょう。



▮そのストレス要素、改善できませんか?


❖睡眠不足・質の低下
睡眠がとれなかったり、質の良い睡眠がとれていないと、体調も心も、昨日の疲れを引きずってしまいます。

睡眠不足が続いたりすれば、身体にとって大きなストレスになります。
すると、「眠れない!」ことがストレスになり、なお一層眠れなくなってしまい、負のオーラを引きずってしまうことがあります。

❒運動で改善

身体を動かす習慣をつけたら、ぐっすり眠れるようになったという話を聞きます。
運動で汗を流すと気分がスッキリし、倦怠感もなくなります。生活の中に運動を取り入れることは大切なことですね。


❒朝、朝日を浴びる
加齢により、メラトニンホルモンの減少によって睡眠の質が低下するようになります。
朝、しっかり太陽を浴びると、体内時計のリズムで夜きちんと眠れるようになります。


❒IT関連の集中は就寝の2時間前まで

現代では、IT酷使の影響で寝付けなくなっている人がとても多いと言います。
少なくても寝る2時間前には、パソコンやスマホなどの青色の光を見続けることを
控えましょう。


❖仕事が頭から離れない、仕事が辛い


自分にとって、仕事の量が多すぎる、休日が少ないなど仕事でストレスになることがあります。

責任が重い、難しくて完成できないなどもストレスになります。

上司や友人に話して相談することも大事です。

どうしてもできない、負担なら勇気を出して

「折角いただいたお仕事なのですが、私の現在のスキルでは、どうしても期日に間に合いません。今後、ご期待にお応えできるよう必ず勉強をして頑張りますので、今回は大変申し訳ありませんが、他の方に回していただけませんでしょうか?」

丁寧に率直に、話してみてはどうでしょう。

できない仕事を、無理にやろうとしても期日に間に合わなければ、周りに迷惑をかけてしまいます。

その仕事を一旦リセットして、スキルを上げる努力をしていけばいいと思います。

政府が、「過労死防止白書」を公表しました。
これをみると厳しい現状に驚きます。
・仕事やプライベートに関する不安、悩み、ストレスを感じている:52.3%
・相談できる人がいない:8.6%

過労が原因で痛ましい悲劇があとを絶ちません。是非周りの人に話してみて欲しいと思いますし、周りからも友人の変化にもっと関心を持ち、声をかけてあげてほしいと思います。

こうなる過程に於いて、肌の変化がきっとある筈ですね。「最近肌の調子が悪い、敏感になってきた!」など友人に話したりしていれば、「私は、こんな商品を使ってみたら良くなったよー」とか、ヒントも得られ、肌が良くなると気持ちも明るくなるものです。

忙しくても信頼できる友人との時間を持ち、お互いのストレス解消をはかる場があるといいなって思います。



▮ストレスは免疫力を低下➡肌荒れ・敏感肌



ストレスを受けると、自律神経のバランスを乱してしまいます。
常に興奮状態の交感神経が優位となり、リンパの流れが悪くなります。

また、ストレスホルモンの一種であるコルチゾールが分泌され、更に免疫機能が落ちていきます。
これが肌荒れや敏感肌につながっていくのです。



▮ストレスは身体を冷やしてしまう


交感神経が優位になり、自律神経が乱れると、睡眠不足や睡眠の質の低下を引き起こしますが、これはどちらが先でも起こります。

睡眠不足からも自律神経が乱れますし、ストレスからも自律神経が乱れます。その要因で、血液を送る毛細血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。

その結果、皮膚の温度が低くなるのです。これがターンオーバーを遅らせてしまい、肌トラブルを定着させてしまうのです。敏感肌に傾き、老化を促進させていくのです。



▮ストレスと肌の関係


ストレスを受けて興奮したり、緊張したりすると脳細胞を活性する物質が分泌されます。

よく恋愛ドラマや映画を見てドキドキしたり、ときめくことってありますよね。
好きな人ができた時も、心がときめきますね。


脳が刺激されると身体を守ろうとしてアドレナリンというホルモンを分泌します。アドレナリンにはさまざまな、はたらきがありますが、血管を収縮させるはたらきもあります。

血管が収縮すると血流が滞り、身体が冷えていきます。
それは細胞の隅々まで栄養が行き渡らなくなるため、肌のトラブルを引き起こしやすくなるのです。


▮快適な暮らしは美肌から


女性が大活躍する社会になりました。
女性は一人何役も引き受けて、柔軟に役割をこなしているためストレスが起きやすいものです。

表にでるようになると美容面も気を使いますが、ストレスも表に、肌に直接でるようになります。

早め、早めのケアをして、少しでもストレスから解放して快適に過ごしませんか!
トラブルのない肌は、快適で楽しいものです♪\(^o^)/

❖乾燥が気になるなら





❖首イボが気になるなら





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。