更年期症状 エストロゲンが主役! 対策を選ぼう!


更年期、主役はエストロゲン




【もくじ】


▮ エストロゲン減少の身体的影響!
▮ こんなに多い更年期の症状
▮ 更年期障害、治療法

▮ ホルモン補充療法について
▮ ホルモン補充療法、効果とリスク
▮ 医師も認める話題のエクオール

▮ フルミ―エクオール
▮ ノムダス



▮エストロゲン減少の身体的影響!


40代半ば頃から女性ホルモン(特にエストロゲンという卵巣ホルモン)が急激に減少します。

身体は「これはまずい!」とばかりに身体があわてふためいている、そんな状態です。あまりにも急激にくるため身体もびっくりしているのですね。これが更年期です。

しかし、その状態にも慣れてくると徐々におさまってくるものです。



ホルモンは、身体がバランスよく機能できる潤滑油として、重要なはたらきを担っています。

体のすみずみまではたらきかけて、大きな役割を果たすホルモンですが、分泌される量はごくわずかです。

本当にわずかながら、これが少しでも多くなったり少なくなったりすると、臓器や組織は正常にはたらけなくなるのです。

私たちの体は、ホルモンで支えられたり、翻弄したり、右往左往しているのですね。



❖エストロゲンの恩恵が


エストロゲンが分泌されなくなったことで、それまでエストロゲンの影響を受けていた皮膚のうるおいや、粘膜のうるおいなども保てなくなります。

女性らしい曲線美をつくり、肌にしっとりしたうるおいを与え、髪の毛をツヤツヤにしてくれていたのもエストロゲンのお蔭でした。


❖エストロゲンが減少してくると


エストロゲンが一定量分泌されないと、脳の視床下部では、「もっとホルモンを出せ~」と催促をすることになります。

すると、下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンの量がますます増えることになります。

でも卵巣にはもう力がなくなっているので、エストロゲンはさらに減っていくだけなのです。


このエストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加というホルモンのアンバランスが更年期の基本です。


❖自律神経失調


そして身体にさまざまな変調をきたすことになるのです。
卵胞刺激ホルモンを分泌する下垂体のすぐ近くには、自律神経の中枢があります。
そのために自律神経が影響を受けやすく、自律神経失調を引き起こすのではないかといわれています。


自律神経は、自分の意思で動かせない神経です。
胃腸にも、心臓にも、血管にもいっているので自律神経が不調になるといろんなところに不調が出てきます。更年期障害が多彩なのもそのためです







▮こんなに多い更年期の症状


動悸・息切れ、のぼせやほてり、手足、腰の冷え、発汗、頭痛・頭重、不眠、不安・ウツ状態、疲労・倦怠感、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛、背痛、頻尿、排尿痛、尿失禁、皮膚の乾燥・かゆみ




▮更年期障害、治療法


❖薬物療法


✤ホルモン補充療法 (飲み薬・注射・貼り薬・塗り薬・膣座薬)
✤漢方療法
✤向精神薬(抗不安薬・抗ウツ薬)
✤自律神経調整剤
✤ビタミン剤(ビタミンE剤など)


❖心身医学療法


✤カウンセリング
✤自律訓練法
✤その他



❖併用して治療


この中で一般的によく使われるものとしては、ホルモン補充療法と漢方療法があります。これにプラスして向精神薬を使ったり、自律神経調整剤やビタミン剤などを併用することもあります。

精神的な状態が強い場合や、心理的な要因が強い場合には、カウンセリングなどの精神療法が行われることもあります。


❖症状をやわらげるこんな療法も


また。症状を軽くするために、ヨガや気功などの自己治癒力を高める自律訓練法もありますね。


アロマテラピーや音楽療法なども心身ともにリラックスできて症状をやわらげる効果があるといわれています。






▮ホルモン補充療法について


ホルモン補充療法
(HRT:hormone Replacement Theraphy)の略


卵巣機能の低下により、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。
分泌状況の不安定さから起きるものですが、身体にとってかなりのストレスになります。


そこで、ホルモンの減少がゆるやかに行われるように、外から注射や投薬などでホルモンを補うものです。そして身体が無理なくホルモンの減少についていけるように、閉経後の体をサポートするものがホルモン補充療法なのです。


❖ホルモン補充療法、効果とリスク


✤効果
ほてりや発汗、イライラ、不眠、膣の萎縮など更年期の諸症状の改善をします。
数日後に効果を実感する人も少なくありません。私も経験がありますが、半月ほどで効果を感じました。肌がツヤツヤになり、体も軽くなりました。
骨粗鬆症、動脈硬化など成人病の予防にも効果があるといわれています。




✤リスク
ホルモン補充療法として使われるようになって、まだ日が浅いため、長期に渡って継続使用した場合の副作用などが不明でした。


ホルモン補充療法が始まったころには、エストロゲンだけを単独で使われていたので子宮体がんの発生率が高くなるなどと問題があったようです。

エストロゲンには、子宮内膜を増殖させるはたらきがあるために子宮がんも育ってしまうのですね。ここが心配になり、私も3ヵ月ほどでホルモン補充療法を止めてしまいました。



その後、プロゲステロン(黄体ホルモン)をプラスして、生理時の女性ホルモンと同じ状況にする方法がとられて、子宮がんの発生はむしろ少なくなったようです。

今では、子宮がんについては心配ないといわれています。


しかし、ホルモン補充療法については、まだ不明な点が多くプロゲステロンとの併用に関しても、データの蓄積が十分ではないため、評価が定まっていないのが現状です。


✤他の副作用
不正出血・乳房のハリ・下腹部の痛み・胃のムカつきなどがあるようです。


現在、他に病気を持っている人は、ホルモン補充療法を受けられない人もいます。


❖安全な漢方療法、その他を選ぶ


症状が、必ずしもホルモンの減少ではない場合があります。
もともとあった軽い症状が、更年期のさまざまな変調が引き金となり、この時期により強くなって現れた。
というケースもあります。


この場合は、ホルモン補充療法でいくつかの症状が消えても、その以前から出ていた症状は残ってしまいます。こんな時には、漢方薬を使うといいと思います。


漢方薬は、どこか特定の治療というより、全身の状態を整えて抵抗力を高めるのが得意の分野です。





▮医師も認める話題のエクオール


最近の話題で、エクオールというエストロゲンの類似成分に更年期障害に対する効果があるといわれています。

エクオールは、大豆から生み出される成分で、更年期の不調な身体と美容面をサポートするというものです。テレビやマスコミでも多く取り上げられて、医師もその効果を認めています。



大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが主成分なのですが、腸内細菌によって代謝され生み出される成分です。

大豆イソフラボンそのままより強いはたらきをすることから、一気に注目を浴びるようになりました。





そんな期待の大きいエクオールですが、
食品から大豆を摂取すればよいとも考えますが、エクオールの産生には、腸内細菌が必要不可欠で、エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌を持っていなければ、大豆イソフラボンをいくら摂取してもエクオールはつくれないのです。


エクオールをつくれる人は日本人で約30%といわれています。大豆を多くとる中国や韓国も日本人と変わらないそうです。


また世代間によっても違いがあります。若い世代だと、エクオールをつくれる人がもっと少ないと言われています。


食の欧米化によって、大豆製品を食べる機会が少なくなっている、というのが理由として挙げられています。



そして、エクオールをつくれる人でも、日によって生産量が違うというのです。
エクオールをつくれる日本人約530名を対象にした調査結果が。

それぞれ通常の食生活の中で、尿中エクオール排泄量を調べたところ、
約80%は、エクオール産生量が10mg未満ということです。
更年期症状をやわらげるには、1日あたり、10mgのエクオールが必要だと考えられています。


多くの日本人が普通の生活では、エクオールを十分産生できていないことが分りました。


エクオールは、骨粗鬆症にも有効であり、美容面では、シワや乾燥肌にも有効です。
40代に入り、急に肌が乾燥するなど美容面でも問題が出てきます。
こんな場合、サプリメントなら簡単で気軽に飲めるので人気があります。



❖試して身体に合うものを!


色々考えて何かを頼りたいけど、何がいいか分かりませんよねー。
しかし、何が合うかはやってみなければ分かりません。

ホルモン補充療法は効果がありますが、やはり少し不安はつきまといます。
近くに信頼できる漢方薬局があったら、相談してみるといいですね。

サプリメントを試すのは、最も気軽で安全な方法ですね。

それで思うような効果を感じなければ、他の方法を考えましょう。
あなたに合う方法は、必ず見つかります。
不調は一日も早く改善して、大切な時期を乗り越えませんか!





▮ノムダス


発売元:株式会社ここほまれ
推薦者:筑波大学名誉教授 国際食品機能学会会長 細川淳一先生
価格面に於いては、最も安価で購入できます。






❖和漢植物、乳酸菌を+しています。


黒大豆を使用し、「糖」を分解することで吸収力を高め、エクオール産生菌とも結合しやすくなりました。吸収率300%ということです。



❖ノムダス購入条件


✤内容:120粒入り(1日4粒目安で1か月分)
✤通常価格:6,980円(税込)
・送料全国一律300円

✤1袋の定期便
・初回価格:1,260円(税込)約82%off
・2回目以降価格:3,980円(税込)42%off
・送料無料

✤2袋の定期便
・2袋通常価格:13,960円(税込)
・初回価格:2,520円(税込)約82%off
・2回目以降価格:7,398円(税込)47%off
・送料無料

✤解約は1回目以降いつでもできます。
 次回発送の10日前までに連絡の上、解約できます。





エクオールサプリについての詳細はこちらでも掲載しています。
・40代半ば更年期、エクオール+もう10年は快適でいられる!


❖飲む日焼け止めサプリメントでシミ対策
・50代 飲む日焼け止めパイナップルセラミド効果の口コミ


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。